株は最高のゲームだ

株価を買うのではない。企業を買うのだ。(ウォーレン・バフェット)
銘柄を買うのではない。トレンドを買うのだ。(tmnrh)
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
>
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
愛すべきトレーディング
『デイトレード −マーケットで勝ち続けるための発想術−』
すごい本だ。
「まえがき」を読んでいたら、自然に涙が出ていた。おそらく最強の株本?
もっとはやくに出会っていたら・・・と思う反面、はやく出会いすぎていたら、まったくトレード(トレーディング)の意味・本質もわからなかったろうし、混乱しただけで、単純に迷路にはまっていただけのような気もするので微妙。投資をやろうとして失敗した経験ができた時期とか、デイトレまがいのギャンブルで大損した時期に出会えば、きっと革命的な何かを授けてくれる本だと思う。
期待し、想像していたとおりのこと、否、それ以上のことが、これでもか、これでもかとかかれていた。いままでこのブログで力説してきたようなことはほとんど余さずでてきた。株、トレード(トレーディング)、マーケットに対する理解はやはりこれでいいのだ。
しかし、当然、理屈がわかったからすぐに結果が出るという世界でもないし、やはり厳しいのが基本。信じられないような高いコストを払って、毎日毎日、不屈の精神で命がけで全身全霊でマーケットに対峙して数年・・・という中でしかトレーダーとしての成熟はのぞめないのが、はっきりした。書いてあること全てに納得できるし、いささかも反論すべき余地はない。トレーダーにとっては、ほとんどバイブルのようなものだろう。

第一章で特に心に残った部分。(抜粋)

本当のところ、トレーディング技能を他人に移植することは誰にもできないのである。魔法の杖の一振りで、意識づけ、精神的な姿勢、勝者の規律と行動のあり方などを伝授することはできない。自ら、勝つ権利を獲得するしかないのである。トレーダー予備軍は皆、勝てるだけの可能性を秘めているが、その可能性は未発達であり、それぞれが自らの手で導き出すしかない。それは個人的な挑戦であり、他人が代わりをすることはできない。

このゲームは人間に与えられた最も困難な試練である。しかし、その困難さにもかかわらず、私は、全身全霊をかけて、このゲームを愛している。実際、私は、その困難さゆえに、このゲームを愛している。たいていの人々はこのゲームを続けることができない。私は、このゲームに生き残ることによって、ほかの何ものからも感じることができない達成感を感じることができるのである。


自分がこれまでトレードをやめなかった理由、これからも続けていく理由はおそらく9割方、この本の著者(オリバー・ベレス、グレッグ・カプラ)と同じではないかと思う。全身全霊をかけるだけの価値とやりがいのある最高のゲームであるから。ひたすら極めたいと思うからである。現時点でこれ以上にアツくなれるものが私にはないし、ここでの達成感以上のものを他では得られない。堅実に資産運用の一環として、定額貯金や投資信託などの延長線上に株をやろうとしている人間や、トレード(トレーディング)が投資の一環だと思っている人間は、完全に勘違いをしていると断言できる。たとえば、同じく字を書くにしても、知人に送る携帯メールと稿料をもらって書く文章とは全く似て非なるものである。マーケットに資金を入れてのちに回収するという大きな意味では、投資と投機は似ているが、その本質は全く違う。健全・堅実な資産運用のために投資はすすめられるが投機はすすめられない、みたいなことをもっともらしく語っている輩は、マーケット、トレーディングの本質を誤解しているか、なんとなくわかってはいても信じることできないか、わかっているのに他人をハメこむために平気でウソをついているかのいずれかである。また、投資でも投機でもちゃんと儲かる方が自分にとっては正しい、という考え方も一時期持ったが、それも違う。投資は極論すれば、ほとんど宝くじを買うのと一緒である。そこには試練も、挫折も、精神的な成長もほとんどない。バフェットを例にとって、きちんとした分析にもとづけば云々と、彼の真似で資産が築けると考えている人々は、思い上がりもはなはだしい。2年3年の株価の上下動をまったく意に介さず、永久保有を前提に事業の将来を見据えて企業を買うというのは、もちろん投機ではないが、おそらく投資とも異なるものである。会社にほれ込んで、応援する意味も兼ねて、塩漬けになろうが保有し続けるというのともまた違うwテレビ東京の単独取材のときのバフェットのコメントをきいていて思った。株式投資のスケールではない。人材を送れないから、有能な経営者もついてなくちゃダメとか、場合によっては完全買収するとか・・・次元違う。キャピタルゲインをとるための手法ではないww個人レベルに真似できるものではないし、参考にして同じ勝ち馬にのろうというなら、それは投資ではないだろう。
絶えず血を流しながら、奥義の体得を目指していくトレーディングだけが、マーケットと真っ向から渡り合うための手法なんだと思う。そこにしかマーケットから何かを得るための真実はないと思う。山崎元あたりがもっともらしく、個別株はリスクが高すぎるからETFなどインデックスファンドを買うべきだ、とか、アセットアロケーションどうのとかいうのは、証券会社が顧客から自らの運用資金を供出させた上でさらに手数料をカモるために作った概念なんだと思う。現にそういう金融商品を推奨する連中はみんな証券会社のお抱えである。
貯蓄から投資へ・・・なんと陳腐な・・・いまになって思う。日本人のみなさんは、これまでどおり貯蓄しましょう。投機を本気でやる気がないのなら。カタチばかりの投資など、国家がみなさんの資金をマーケットへ誘導するための国策にすぎないのです。マーケットとの正しい関わりあい方は、投機しかないのです。

武田信玄が12年の歳月をかけて、ほぼ生涯の事業として成し遂げた信濃制覇のようなことが自分にもできると信じられる人だけがトレード(トレーディング)をやるべきだと私は思う。中途半端なキモチではできないし、物理的には結構できそうなことなのに、思うほどには容易でなく、数々の苦難を伴う。それでも情熱を傾けて、生活の大半をかけ、ライフワークにできる者だけ、この作業にそれだけの価値を見出だせる者だけにしかできないと思う。そして、もっとも大事なことは、結果や果実のためにやるのではないということ。最初の動機がそれであっても、やがてそれ以上の何かを作業の中に見出すことができなくては、結果や果実が手に入らないのは勿論として、きっと何も成就しないと思う。ま、人生と一緒なんでしょう。
だんだんに個別の取引に、一つ一つのマーケットの動きに対して、動揺させられることが少なくなってきた。ザラ場の動きも細かく感じ取れるようにはなったが、冷静に対処できるようになってきた。しかし、いつでも何度でも失敗を犯すキケンを孕んでいると痛感する。極みを目指してはいるが、きっと永遠に届くことはない。限りなく近づくために日々精進あるのみである。

来週もたのしみだー。どんな軟調な相場、恐慌的な展開になろうとも、マーケットが動いているということに日々感謝しなくてはならない。毎日、朝が来て目がさめて、夜になって眠りにつけることと同じくらいに。
スポンサーサイト
- | 23:40 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmnrh3.jugem.jp/trackback/465
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 12:48 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 1:25 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 2:23 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 9:57 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 11:29 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 7:50 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 8:37 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 9:31 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/13 10:09 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/14 1:54 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/14 3:27 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/14 4:01 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/14 11:26 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/14 11:58 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/15 9:40 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/21 8:10 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/22 3:50 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/24 3:45 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/24 9:54 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/25 4:18 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/06/28 7:03 PM