株は最高のゲームだ

株価を買うのではない。企業を買うのだ。(ウォーレン・バフェット)
銘柄を買うのではない。トレンドを買うのだ。(tmnrh)
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
規律とトレンドフォロー売買法 上げ相場でも下げ相場でも利益を出す方法 / 原タイトル:Trend Following (ウィザードブックシリーズ)[本/雑誌] (単行本・ムック) / マイケル・W.コベル/著 長尾慎太郎/監修 山口雅裕/訳
規律とトレンドフォロー売買法 上げ相場でも下げ相場でも利益を出す方法 / 原タイトル:Trend Following (ウィザードブックシリーズ)[本/雑誌] (単行本・ムック) / マイケル・W.コベル/著 長尾慎太郎/監修 山口雅裕/訳 (JUGEMレビュー »)
全編にわたり、最強戦略:トレンドフォローの魅力を力説。「上げているものを買え、下げているものを売れ」「ただひたすら流れに乗ることだけに注力せよ」。信じる者は救われる。
RECOMMEND
ゾーン最終章 トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスからの最後のアドバイス / 原タイトル:The Complete Trader (ウィザードブックシリーズ)[本/雑誌] / マーク・ダグラス/著 ポーラ・T・ウエッブ/著 長尾慎太郎/監修 山口雅裕/訳
ゾーン最終章 トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスからの最後のアドバイス / 原タイトル:The Complete Trader (ウィザードブックシリーズ)[本/雑誌] / マーク・ダグラス/著 ポーラ・T・ウエッブ/著 長尾慎太郎/監修 山口雅裕/訳 (JUGEMレビュー »)
株(相場)の深部について書かれた貴重な本。しかし、一通りの艱難辛苦を経験したあとでないと効用を感じられないかもしれない。挫折しそうになったり、行き詰ったりしたときに読むと、驚くほど響き、癒されるだろう。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

中級者向け。非常に実践的な「成長株投資」の実例を挙げながら、株というゲームの本質にも迫った網羅的傑作。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

古今東西で高いパフォーマンスと再現性が実証されている「成長株投資」について近年最もよくまとめられた良書。
RECOMMEND
初心者にもできる大バケ株を掘りあてる3つの法則
初心者にもできる大バケ株を掘りあてる3つの法則 (JUGEMレビュー »)
小泉 秀希
初心者向け。実践的な株式投資の基礎、導入から、大きく儲けるために必要な要諦が詰め込まれた隠れた名著。
RECOMMEND
仕手株でしっかり儲ける投資術
仕手株でしっかり儲ける投資術 (JUGEMレビュー »)
中原 圭介
なぜ株価は上がるのか?株価を買い上げているのは誰か?本書を読めば、顔の見えない取引相手や板読み、株の考え方や本質について理解が深まることだろう。
RECOMMEND
株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる (JUGEMレビュー »)
中原 圭介
相場についていく上で外すことのできない大相場のトレンド。日本株においてはメインプレイヤーの外国人が全てを握っていると言っても過言ではない。一見シンプルでありながら参加者が見落としがちな真実を明瞭に解説した著者の代表作。
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
>
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今日もマーケットに感謝
幸か、不幸か、どの銘柄もLCになっていなかった。
新興、特にヘラクレスの反発はすごかった。前回安値が抵抗線としてまだ機能しているかんじ。
マザーズは高PERの水準訂正が入っているのか、あんまり戻ってきていないかんじ。900割れはふつうにありそう。

ダヴィンチをはじめ、新興不動産株は強かった。引け間際にアゲて、見事な下ヒゲ陽線になったシーズクリエイトだが、決算と来期予想はひどいw減益予想はヤバイってwフージャースのごとく自社株買いでフォローしているのは評価するが、正直、失望した。しかし、フージャースが軟地合いの今日強く、決算・予想発表前の株価に迫っているのを見ても月曜寄り成りで投げるのはどうかという気もする。逆指値でもいれて、半分くらい処理するかんじにしておこうか。チャートを信じるならすでに悪材料を織り込んでいたのかもしれず、よく分からないw結果的に寄り底になったケネディクスの今日の例もあり、マーケットがどういう審判を下すのか・・・楽しみだww

ニューフレアテクノロジー、アマガサなどに短期資金が流入した模様。
アクロディアも決算・予想が好感されてストップ高。天井から半値水準までほとんど一本調子で下げていたので、リバウンドを狙っていたむきがここぞとばかりに買ったのだろう。しかし、これまでにエントリーできそうなポイントはほとんどなかっと思うし、昨日の引け時点でホールドしているのは不可能だったと思う。狙ってはいたが、しゃーない
狂いアゲしていたジェーソンが今日はストップ安気配のまま、比例配分ww気配だけで株価が推移してるって・・・w
フリービットはマザーズ銘柄ということもあってか、やはりストップ安。
ケアネットもマザーズ銘柄だからか?好材料出尽くしととられたのか、後場は弱かった。
コムチュアはジャスダック銘柄でPERも落ち着いていることからか、結構まとめて、プラス圏をしっかり維持して引けた。

週末要因もあって、後場、大相場が壊乱するんじゃないか?という恐怖感はないこともなかったが、GW前・中のマーケットの動きから、そういうのは早めに織り込まれてしまって、むしろ引け直前には買い戻しが入ることが多いというのを感じていたので、思い切ってほとんどフルポジションで持ち越した。NYダウとの連動比率で考えても、NK250円安オーバーはやはり下げすぎであった。
ディスコの6600円台とか怖くて手が出せなかったが、明らかに支持線のラインだし、恐怖に打ち勝って、LC覚悟で買い向かうべきだった気がする。

一昨日の夜、注文していた本が楽天より届いた。
『デイトレード』
上級者たちが口をそろえて推奨する本である。
さっそく、帯にいいことが書いてあったw

トレーディングにおける成功は、損失を回避することによって決まるのではなく、いかに損失をコントロールするかによって決まる

マーケットに参加している以上、損失を避けてとおることは出来ないし、下落相場やその恐怖感をスルーしてうまく立ち回りつづけることも出来ない。マインドを鍛えて、それらをいかにコントロールするか、それらといかにうまくつきあうかが最大のポイントだろう。週末また勉強しなおしだ!

先日、230円あたりでLCしたノザワ(5237大証2部)が、ストップ高で330円になってましたwwwあのあともずっと監視していて、8日の上方修正にもそれなりしか反応しないので、だめだなぁ、とか思っていたら、今日、噴きました。株って面白いw
島精機にしても長いボックスレンジをブレイクアウトしたものの動きはかなり加速しやすいということでしょうか。
データリンクス、月曜引けの決算発表まで持ち越してみよ・・・w
ネットエイジの今日のストップ安とかみて、ITの怖さを痛感し、同時にアエリアのストップ高とかみて、ITの旨さも感じている。たのむよ〜。
スポンサーサイト
- | 00:56 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmnrh3.jugem.jp/trackback/463
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/12 2:35 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/12 10:34 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/12 3:36 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/12 7:54 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/14 8:53 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/18 1:18 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/22 8:27 PM